プロフィール

さとみ

Author:さとみ
2008年に結婚して北海道から京都に。マイペースなさとみです!セラピストのお仕事を退職し、パートをしながらのんびりゆったり。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
45149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
4419位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指名こわい

最近結構やられている

多分睡眠時間も足りてないし、朝レッスンに梅田に行って、午後から仕事で京都に
行って、休みの日もレッスンがあったりして・・・。
そうじゃない日もあるけど、やることがたまってて、休めずで
そしてこれは体力的な問題。

あと精神的な問題がある。
まずは仕事では、疲れがたまってケアレスミスをしてしまう。自分ってだめだな~と
落ち込むいくら落ち込んじゃだめだと言い聞かせても脳みそがついて
いかない。。。だから何をするにも緊張してしまう。
そしてレッスンでは担当の部長が超怖くて緊張する。見られているだけで手元が
震えるくらいの高い緊張感これはみんな共通してることで、かなりの
存在感がある上司の為に、そこにいるだけで空気がピーンと張り詰める感じ
二度と同じ事で注意を受けてはいけないという恐ろしいほどの緊張感
で、家に帰ると旦那が色々やってくれてはいるものの、家の掃除はなかなかできない
私ってダメな奥さんだな~もっと頑張らなきゃという焦り。。。
そしてたまに頑張ると死にそうなくらいに疲れて、そしてちゃんと休めない

たまにちゃんとした休みがあるとついついもったいなくて出かけちゃうしねw
休まなきゃダメなのに、家にこもってると憂鬱な気持ちになるし。。。
出かけて気分転換になると、体力的には疲れたままだけど精神的に楽になる


で、もう一個最強の緊張感、精神を追い詰めるものがある。
それが「指名」

うちの店は指名をとるのが目的ではない為、さほど必死にもならないし指名自体が
あまりない。ただ、やはり気に入ってくれると指名してくるお客様もいる。
もちろん指名なんてこれ程光栄なことはない
自分の接客なり技術がある程度その人に認められたからこそ受けることができる指名。

最初は指名が嬉しくてたまらなかった。
でも指名されても1度か2度指名されて、あとは外されることが多い
つまり、1度目は良かったけど、次からは期待したほどじゃなかったからってこと
ショックだけどこれは仕方のないことで、技術なり接客をもっと磨かなければいけない。

一番怖いのは、最初に指名をもらった時。
昨日がそれで、以前にかなりのベテランさんを指名していたお客様で、そのベテラン
の先輩が窓口担当になった為施術に入らなくなって、たまたま私に前回あたって気に
入ってくれたらしかった。
「先生」と呼んでくるそのお客様の期待に沿える自信が全くない

だってまぁ安いとは言え、お金を払って自分に期待をして来ると思ったら、なんだか
急にこわくなる。1度目の期待はかなり大きいものだと思うし、満足させてくれると
確信を持って来るに決まっている

それが、ものすご~~く、怖い。すごいプレッシャー。

毎日緊張しすぎて、ドッと疲れてしまう
疲れて泣きそうになることがある、この齢で(笑)


今日はなんと驚きの3時出勤&レッスンがなかったので久々にゆ~~っくり寝れました
だから体力的には大丈夫。でも精神的に追い詰められないように強い心を持たなきゃ。

自分が緊張してたり疲れてたりしたら手を通じて絶対にお客様にも伝わるし。
これは不思議なくらい伝わるもので、最近気持ちいいと言われることが少なくなった
気がする。逆に自分が眠たい時はお客様も寝る。これは都合いいけどw
こんなんじゃだめだな~~。。。


こんな私は明日で29歳。20代最後の1年、葛藤しながらも頑張って成長しなきゃ




絵本美術館カフェ『響き館』

一人の休みでゆったりとした時間を過ごしたかったので、絵本の読めるカフェを京都
で探してみました。そこで見つけたのが絵本美術館カフェ『響き館』というところ

京都の北の方で結構距離はありましたが、まぁ片道1時間もかからないので近い近い。

駐車場もあり。わかりずらかったですが、電話して確認したら丁寧に教えてくれました
山に囲まれたのんびりした場所にあって、なんか大山崎に似た感じ

お店の入り口はこ~んな感じでおしゃれ

響きかん

入り口を入ったら板尾創路に似た(結構似ててたじろいでしまった)店主がお出迎え。
スリッパに履き替えて入るというスタイルのお店で、リラックスムード

店内には私ともう一人の男の子だけですごーく静か。。。
デザートとコーヒーのセットを頼んでまったりと好きな絵本を読んでました

すると急に店主が「これから15分程の朗読イベントを行わせていただきます」と。
えっイベントそんなのあったの2人しかいないのに
もう一人の男の子も「えっまじっすか
まぁそりゃあ驚くと思う(笑)

それは店主がお客さんの入りを見ながら時間を決めずに毎日行っているイベントでした
今月のお勧めの絵本の朗読をスクリーンで見られるというもの。しかもピアノの音楽
がついてる。すごく感情移入しやすくてジーンとしました

このお店、今年の4月にオープンしたばかりとのこと。信州にある絵本美術館が好きで
京都にもそんな場所があれば・・・と思って自宅の一階部分を店舗にして営業している
ようですなんてステキな・・・

少しだけど絵本の販売もしてました
ついつい買ってしまった今日の収穫はこちら

よだか

今月のおすすめの絵本
「よだかの星」は悲しいお話ですが、すごい執念というか強さを感じた素晴らしい作品。
もう一冊も、こういう運命ってあるかもって思わせてくれる魅力的な作品。

小さいお子さんが入店できない、大人の為の絵本カフェ

自分とゆったり向き合う時間の過ごし方を教えてくれる、そんなお店でした



絵本セミナーに行って来ました

さっさと気まずいラーメンの記事をTOP画面から見えなくする為に、新しい記事を
UPしたいと思います(笑)
「気まずい」が口癖のビビりな私が、批評なんてするもんじゃないですね

12、13と私は珍しくシフトが2連休になっていました。
12日は用事を入れていたのですが、その用事がなくなって、スッカラカンの2日間
になっている・・・はずでした。

最近『絵本セラピー』というものに興味を持って、mixiのコミュニティーに参加させて
いただいたんですあまりに興味深かったのでコメントも残して。

そこで出会った方がいたんですねなんと、さとみさんという方です(笑)
私と同じひらがなのさとみさんで、誕生日も3日違い
私が用事を入れていたのにその用事がなくなってしまった12日に絵本セミナーを
やるということで、まさに運命を感じましたね

以前ブログで出会ったことのあるさとみさんも、私の名前の由来になったアナウンサー
のさとみさんも、そしてこの絵本セラピストのさとみさんも、共通して言えることは
すごく行動的で向上心があって気持ちの優しい方
名前負けしちゃいけないですね


そういうことで参加させていただいたのですが、町屋の教室で参加者は4名、すごく
ほっこりした時間を過ごすことができました

元々焼き菓子屋さんだったということで、そのお店のお菓子とお茶を出していただいて
しかもすごいおいしかったし。。。

絵本は子供だけではなく、大人の心にも響くもので、色々気付かされることが多い
んですね。簡単なようなメッセージの中に、複雑に絡まっている大人の悩み事を解消
するヒントが隠れていたり。

深いけれど、すごく真っ直ぐでシンプルなメッセージが、疲れた心にすっと入って
きて、やっぱり絵本っていいな~なんて思っちゃいました


絵本セラピストっていう分野にすごく興味が沸いて、講座を受けたいとまで思った
けれど・・・やっぱり今はまだエステのレッスンも残っているし、まずはアロマや
マッサージの分野をしっかり勉強しなきゃっていう気持ちもまた強くなりました

絵本については、しばらくは趣味としてセミナーやイベントなどに参加する程度に
収めておこうかと思います
好きなものは好きなので、絵本は相変わらず集めちゃうでしょうがw

エステのレッスンが終わったら、ちょっと来年に向けてアロマインストラクターの試験
勉強でも始めてみようかと思っています。
難関だから、スクール通って二次試験免除とかになる人もいるけど、お金がない
から独学で。落ちてもしょうがないけど、しないよりはましかなって。

絵本セラピストのさとみさんに、いつか絵本とアロマのセラピーコラボができたら・・・
って提案されたんですが、今の私じゃ無理だと思ったので・・・。
これが頑張るきっかけ出会いときっかけ。この展開素晴らしいですね

私が京都に来たのにも何か意味があるのかもしれない、と思い始めた今日でした


アロマと絵本と私の夢

私は小学校の頃作家さんになるのが夢でした
お絵かきするのも好きで、机に向かってることが多かった気がします
シナリオライターとか絵本作家とか小説家に憧れて、自分でお話を書いてみたりする
ある種根の暗い子(笑)絵本や小説も好きだったな~

まぁでも褒められたのは学校の作文くらいなもんで、文才なんてあるわけでもなく。
いやいや漢字にも弱かったし言葉も知らない。今でもそう

なんかでも人の心を動かす人の為になりたい仕事がしたくて、そういう気持ちは
ずーっとあって。。。

高校の時は看護師なりたいって思ってたけど学校の面接でことごとく落ちて(笑)
ぼーっとしてるし向いてないのは自分でもわかってました

でも何になりたいか、どんな仕事が世の中にはあるのか知らなすぎたのかも。
あとはなりたいって気持ちがそれ程強くないから努力もあまりしていなかったし

アルバイトや仕事をしてみたら自分には接客とかサービスを提供するのが合ってる
んだってことが少しずつわかってきて、もっと人の近くで人の為になることがしたいと
思った。でもそれってすごく幅が広くて、ぼんやりしたもので、まだよくわからなかった

美容とかアロマに興味を持って、『これだ』って心からピンと来たのは正直初めて
だったと思う。体力もある、笑顔には自信ある、デスクワークよりも動いてる方が好き
だし、人とずっと関わっていられる、そして個人プレー(笑)
まだまだピンと来る理由はいっぱいあるけど、とにかくこれしかないと思った。

将来店を持ちたいって漠然とした気持ちはあったけど、このリラクゼーション業界は
とーーーっても幅広くって、将来の方向性を決めないと無駄な投資をすることに
なりかねない
スクールで勉強するにも、タイ式やら中国式やら英国式やらなにがなにやら民間のこの
リラクゼーション業界は多種多様、えらいことになっている
そんなこんなでまだ技術面に関しては方向性が定まっていない。

じゃあどんなサロンにしたいか、イメージを浮かべてみる

私は色んなところで言っている「お母さんみたいな手を持つセラピストになりたい」
というこの気持ち。これは私のセラピストとしての永遠のテーマでしょう
その手に触れられると安心して子供に返ってしまうようなホッとする手。悩んでいても
辛くても、その『手当て』の力でぐっすりと眠りについてしまう・・・そんな手。

私は以前に買ってた寝る前に読む為の絵本を枕元に置いていました。
たまにそれを手にとって読んでいると、心が子供のようになって安心して眠りに
つけるからです。

それを読んでいてまたもピンときたんです
絵本とリラクゼーションサロンの融合

アロマトリートメントやマッサージをする時にはカウンセリングをします(うちの店は
ちゃんとしないけど)そのカウンセリングからその人にぴったりの絵本を選んで
読んでもらう。フットバスとかに入りながら?(笑)
自分で選んでもらってもいいけど。。。まぁ具体的にはまだあまり考えてない。

絵本セラピストってやつ?TVで見たことはあるけど、ちゃんと絵本の勉強をして、
パソコンとかでもちゃんとデータ管理とかして、やってみたい気持ちが強くなった。

そうしたら自分の夢がしっかりと形になってきました
懐かしい絵本や大人の心にも響く絵本を読んでもらって、あたたかい手で施術を受け
たら、すごく気持ちの良い時間が過ごせるんじゃないかって思って

夢や希望を口に出すと(ブログだから声出してないけど)叶うって言うから話して
みました
実際にはお金の問題とか私の技術の問題とか、叶うのは何十年先か・・・。

で、今はその夢の為に絵本を集めてます
ブックオフで買ったりネットで買ったり古本屋で買ったり・・・。


そしてずっと行きたかった難波にある絵本カフェholo holoさんに行ってきました
カフェなんですが、1冊500円で気に入った絵本を売ってくれます。
ドリンクやデザートもおいしかったですが、絵本の沢山ある空間にとっても落ち着き
ました絶対にまた行きますちょっと遠いけど車で

今日買った絵本は全部で6冊知ってるの、あるよね

絵本




憧れの上司

マッサージ、フットケア、そしてついに3日、オイルマッサージのチェックに合格

しんどかったです・・・。
休みの日もレッスンで店に行って練習、しかもうちの店のオイルマッサージは、パワフルどこの店でも共通している『密着感』はもちろんのこと、ここまでってくらい『圧』を入れる練習をされられる・・・。手の力じゃなくて体重を乗っけるからそれほどしんどくないはずだけどそんなにうまくできるはずもなく。

一回通しでやるだけで汗がダラダラ汗はかくけど流れるくらいって働いててもなかったけど、これは夏場はやばい連続でオイルのお客様入ったら倒れるんじゃないか・・・。


3日はいるだけで空気が引き締まる程の威厳ある会社の部長(女性)のチェック。
前日から緊張して眠れないほど(笑)こ・・・怖い・・・でも絶対通らなければならない道・・・ふぅ・・・。これも試練と言い聞かせる。でも年齢からは考えられないくらいの美しさ、もち肌、教え上手、とあって、色々勉強になったから、よかった

手がなかなか温まらない、冷えで悩んでるとちょっと言ったら熱心に色々教えてくれて。

鶏肉、大豆系(タンパク質)は必ず毎日食事に取り入れる。そしたら美容にも良いし、冷えにも効果的。数ヶ月で体質が変わるそうあとは意識して運動すること。通勤でもエスカレーターではなく階段を使う、普段歩かないところをちょっと早起きして歩く、それだけで全然違う。あとは身体をくの字に曲げて手を下にぶらーんとする体操(?)まで教えていただきました

私はあの部長が上にいるからこそこの会社が好きです
正直怖いし怒ると空気が凍りつきますが、ちゃんと的を得てるし、怒った後にちゃんとその人の力をのばそうとする。働いているスタッフ全員を信じていて、悪い子は一切いないと言い切ることができる。そして褒め上手。どんなにできない人にも良いところを見つけてとにかく褒める。あなたのいいところはここ、いつも感心してる、期待してます。だからみんな自主的に頑張るし、期待に答えようとする

人間関係に問題があった店舗には自らかけつけて一人一人面談したそう。黙ってみているだけなら一緒、一緒に働くスタッフを守ってあげられないくらいなら全員を解散させて転勤にします。とまで言っちゃうのです(笑)

「働くことによって素敵な女性になってほしい」と部長は入社した時に言っていました。いつか結婚をして子供を産んで母になる、その礎を築いてほしいと。かっこいい~

上に立つ人は本当に大変だと思います。しっかり言わなきゃいけない、怒らなきゃいけない、感情的にならずにしっかり伝えた上でさらにその人をのばさなきゃいけない。

私も店長代理やってたことありますけど、無理ですもん(笑)「一緒に頑張ろう」的な、威厳のかけらもあったもんじゃない・・・。でもたよりない代理だとみんながしっかりするしね「○○できてなかったから次から気をつけてね、私もやっちゃうからお互いに気をつけよう笑」っていうゆる~い代理でしたずばっと言えちゃうほど仕事完璧じゃないしそこんところはお父さん役の店長にまかせ、私はお母さん役でした。。。

でもクレーム処理は得意分野でした(笑)何言われても全然腹も立たない方なんで。腰の低さは天下一品ですよ、土下座しろって言われたら多分軽くできますもん

ではここで、さとみ流クレームの処理の仕方
大概私が出ていったらあまりの私の低さに怒ってる方もクールダウンしますね(笑)謝る→話全~部聞く→大いに謝る、無理矢理同調する→できることできないことを説明する→納得してもらう→謝る、感謝する。謝る際、眉毛は『へ』の字にする。プライドの高い人には、再発しない為に努力することを伝えて店は自分が変えたと思わせる。それほど熱く怒ってない方には意見をいただけたことに感謝の気持ちを若干出す。冷静に処理されていい気のする人はいないので、演劇かってくらい大げさな反応をする。そしたら「いや、そこまでじゃないからもういいよ」って感じになる。要は、引く(笑)クレームの本読んだことないけど、私流なので決して真似しないでください(笑)
演技は女の武器ですね。。。


相当話がそれましたが、本物はそういうセコい感じじゃないんでしょうね
仕事ができるから人にも言えるし尊敬される、誰よりも努力してるから人の上に立てるんでしょう。すごいな~・・・。部長は神だな~クレーム処理だって、多分セコい真似しなくても品よく解決できるんだろうな~。


はっ・・・また日記が長くなってる暇人の頭の中つづった長文日記、もし読んでくれる方がいたら、ありがとう、そしてごめんなさい・・・。




ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。