プロフィール

さとみ

Author:さとみ
2008年に結婚して北海道から京都に。マイペースなさとみです!セラピストのお仕事を退職し、パートをしながらのんびりゆったり。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
56949位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
4843位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マッサージ」や「アロマ」の日本での位置

今月1日からついに新しい職場の研修が始まりました
同じくして入社した人があと3人いて、私を含めた4人で頑張ってます

朝は余裕をもって5時半起きしてました
なぜなら、研修する場所には、長岡天神駅までバスで15分、長岡天神駅から阪急で梅田まで
(片道360円)行って、10分歩いて、地下鉄で乗り換えて(片道200円)通ってたんですが・・・。
なんと驚き、目的地に阪急の駅もあるじゃないですか長天から片道310円だし。
片道250円、一日500円も無駄にして、さらに貴重な朝の時間と体力まで無駄にして、私は一体
何をやっていたんだろうと路線図を見てあっけにとられました
一駅淡路で乗り換えたらまっすぐ行けるよ。梅田駅でバリバリの出勤ラッシュにもまれなくて済むよ。
最初の一ヶ月くらいは研修だけでお給料も手当ても出ないから、正直これはきつい


それはさて置き、今日は「マッサージ」と「アロマ」の違法性などについて長々語ろうと思います。

研修は、まずは一ヶ月程ボディケアの研修をします。
ボディケアっていわゆるマッサージみたいなもの。

ただ、日本では「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」があって、
あん摩マッサージ指圧師免許もしくは医師免許(共に国家資格)がなければ日本においてマッサージ
を業として行うことはできない、とされているんですね
じゃあマッサージってな~に?ってなるんですけど・・・。

厚生労働省医政局医事課長は「施術者の体重をかけて対象者が痛みを感じるほどの相当程度の
強さをもって行うなど、あん摩マッサージ指圧師が行わなければ、人体に危害を及ぼし、又は及ぼす
おそれのある行為については、同条のあん摩マッサージ指圧に該当するので、無資格者がこれを
業として行っている場合には、厳正な対応を行うようお願いする」
と言っています。

つ~ま~り、リフレクソロジー、 整体 、カイロプラクティック 、美容室でのヘッドマッサージや
肩揉み、タイ式マッサージ、全部ぜ~~んぶ、日本では本当は違法なんですね
それを言ったらエステもそうなのかな??痩身なんて結構痛み伴うでしょう。
いくら資格があったって所詮は民間の資格で国家資格じゃない。
資格がなくたって適当な知識で勝手に開業できちゃうっていうのも今の現状です。

アロマトリートメントも違法だという話もありますが、アロマトリートメントは痛みを感じる程の圧を
加えない滑らかな手法がほとんど(そうじゃないところもあるけど)なので、これは当てはまるの
かな?って疑問に思うところはあります。マッサージって言っちゃったらアウトだけど

日本アロマ環境協会は環境省所轄の法人許可を受けているし、信頼できるのかなっていうのが
あるけど・・・それでもきちんとこの業界についての法律をきっちりしてほしかったりもします。
だって整体も違法だよそんな認識一般の人があるわけない。

ただ、よほど悪質じゃないかぎりは罪に問われない。
日本はごまかしてごまかして、ここまできてる。リラクゼーション界がにぎわってきて、どんどん店が
増えて、今更違法だ取り締まりだなんていちいちやってられない状況。

でもこのままじゃ一生懸命その業界で勉強してる人は報われない
だってどれだけ頑張っても本当は法律に違反しているものを身に着けようとしてるんだから。
逆にきっちり何百万も出して「あん摩・マッサージ」の学校に通っている人達だっていい気はしない。

精油だって、正直日本では雑貨扱い。皮膚や鼻の粘膜を介して血管に入り込んで血液と一緒に
全身を循環するものなんだから、雑貨と一緒にしちゃおかしいでしょう。化粧品とはわけが違う。
でも薬理作用があってもそれを口にしちゃいけない。日本では「薬事法」にふれるから。
それを知ってるのはアロマを勉強してる人だけ。
いくら取り扱い説明書つけたって、何も知らない妊婦がロフトで買ったクラリセージやローズマリーを
原液で使用しました、流産しました、じゃ済まない。危険すぎる

その効能や使用上の注意点が多い為に医師や薬剤師しか精油を扱えない国もあります。
今は日本も変わってきていて、メディカルアロマテラピーとして病院や介護施設でアロマを取り入れる
ところも増えてきているみたいです。でも結局それを扱う人は肩身の狭い思いをする。

流行のやつ、においのやつ、わけのわからないオイルを塗りたくられる、気持ちが悪い。
そりゃあそうなります。だって一般の認知度も低ければ法律でもあいまい。
これではあやしすぎて当たり前です。身構えてしまうでしょう。
自信をもって、自分はこの資格があるから大丈夫とか、人に安心を与えられることはないんです。

アロマは所詮医療に取り入れられても代替医療です。植物の力は薬品ほど強いものではありま
せん。でも、あいまいな知識で使用することが身体にとってとても危険であることも確かです。
ただ安全に正しく使われる為の法整備を整えてほしいんです。
にせものの精油も沢山出回ってます。適当な知識で人に勧める人もいるでしょう。
そういうことの繰り返しが、さらに信用をなくしてアロマの価値を下げていく。嫌ですね

きちんと取締りが行われて法整備が整えば、私はマッサージをできなくなるでしょう。
それ以外にも職を失なう人が続出ですね(笑)国に認められるようなアロマセラピストになるには
相当のお金と時間と知識、技術が必要となるでしょう。

現状難しい問題が多すぎて、日本では絶対に無理なんですけど、いつかこういう仕事をしている人、
一生懸命勉強をしている人がむくわれる日を信じています。。。

全部排除するのは大変だし反発も出るから、マッサージの資格にも階級をつけるとかね。
今本当のマッサージの資格もっている人はもちろん上の階級で、それ以外はきちんと試験を受けて、
下の階級でも一定のレベルはクリアさせて営業の許可を受けたり基準を設けるとか。
食品を扱うところだって許可受けたりするでしょう。最低限の知識や常識だけでもあった方がいい。
身体を触るんだからそんな簡単なことでは困るんでしょうけど、何もやらないよりは良いんじゃない?
って思います。まぁ全部夢物語なんでしょうけど。

何もわかっていない私のような無資格の端くれの意見です。
スクールのディプロマと検定一級持ってるだけじゃえらそうな事言えないや
間違った知識、見解をしていてもお許しください(笑)


まぁ、これだけ語っておいて私は今マッサージの研修してるんですけど(笑)
頑張って練習をしているのに、違法かと思うとむなしいやらくやしいやら複雑な気持ちになったので
書きたかったんですずっと考えていたことでもありましたし・・・。

やっぱりせめて日本アロマ環境協会のインストラクターとセラピストの資格があれば、少しでも信用
が得られるし、必要なのかなっていう気持ちにもなってきました。

それよりも優れた技術を磨くか・・・。う~ん・・・難しいお仕事ですね

熱く語りすぎてせっかくの休みがもうこんな時間やることいっぱいなのに
銀行行かなきゃ、練習しなきゃ、筋トレも・・・ジム行きたいけどあきらめよう

特に練習明日からまた恐怖の鬼コーチ(でも本当は優しくてとっても良い方で私は好きです
にしごかれるのでしっかり順番覚えて、早く無給の研修をクリアするぞ~~


真面目な話したらおなかすいた




スポンサーサイト

コメント

さとみちゃん、色々不安はあるけど頑張ってね。
今日の本文は長かった~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!

作者さん
ホント、後から読み返してびっくりしました(笑)熱くなりすぎたi-229
非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。