プロフィール

さとみ

Author:さとみ
2008年に結婚して北海道から京都に。マイペースなさとみです!セラピストのお仕事を退職し、パートをしながらのんびりゆったり。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
40892位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
3355位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本美術館カフェ『響き館』

一人の休みでゆったりとした時間を過ごしたかったので、絵本の読めるカフェを京都
で探してみました。そこで見つけたのが絵本美術館カフェ『響き館』というところ

京都の北の方で結構距離はありましたが、まぁ片道1時間もかからないので近い近い。

駐車場もあり。わかりずらかったですが、電話して確認したら丁寧に教えてくれました
山に囲まれたのんびりした場所にあって、なんか大山崎に似た感じ

お店の入り口はこ~んな感じでおしゃれ

響きかん

入り口を入ったら板尾創路に似た(結構似ててたじろいでしまった)店主がお出迎え。
スリッパに履き替えて入るというスタイルのお店で、リラックスムード

店内には私ともう一人の男の子だけですごーく静か。。。
デザートとコーヒーのセットを頼んでまったりと好きな絵本を読んでました

すると急に店主が「これから15分程の朗読イベントを行わせていただきます」と。
えっイベントそんなのあったの2人しかいないのに
もう一人の男の子も「えっまじっすか
まぁそりゃあ驚くと思う(笑)

それは店主がお客さんの入りを見ながら時間を決めずに毎日行っているイベントでした
今月のお勧めの絵本の朗読をスクリーンで見られるというもの。しかもピアノの音楽
がついてる。すごく感情移入しやすくてジーンとしました

このお店、今年の4月にオープンしたばかりとのこと。信州にある絵本美術館が好きで
京都にもそんな場所があれば・・・と思って自宅の一階部分を店舗にして営業している
ようですなんてステキな・・・

少しだけど絵本の販売もしてました
ついつい買ってしまった今日の収穫はこちら

よだか

今月のおすすめの絵本
「よだかの星」は悲しいお話ですが、すごい執念というか強さを感じた素晴らしい作品。
もう一冊も、こういう運命ってあるかもって思わせてくれる魅力的な作品。

小さいお子さんが入店できない、大人の為の絵本カフェ

自分とゆったり向き合う時間の過ごし方を教えてくれる、そんなお店でした



スポンサーサイト

三重県『赤目四十八滝』

今日は、以前に行ったばかりの『もくもくファーム』に旦那様と行ってきました
やっぱりあそこはやばいくらいの施設で、さすが3連休の真ん中だけあってすごい人
子供連れがい~~~っぱい家族が増えたら泊りがけで行きたいな~

1時間待ちでバイキングを食べて、プラプラして、あまりの暑さにダウン・・・。
ありえない量の汗をかいて、頭痛と眩暈が襲ってきたので、そそくさと車へ戻る


三重には『赤目四十八滝』というところがあるらしい、という情報があったので、
ちょっと行ってみようか、とさらにそこから1時間車を走らせました。

思っていたよりも広かったその山のコースは、とても夕方までに回りきれないので、
結局行ける範囲までにしておきました。沢山の滝があるんですね~

300円の入場料を払い、足を踏み入れた途端・・・何これってくらいのパワーを
感じ・・・たような気がします表現できないけど、もわっ・・・っていう湿気
と緑とその匂いっていうか・・・。やっぱり表現できないけど、なんか期待以上
単なる山と滝、と思って期待していませんでしたが、迫力のある自然って感じ

まずは不動滝。。。

滝1

そして千手滝。。。

滝2

水のきれいなこと

滝3

布曳滝。。。

滝3

その先に(入り口から70分程歩くと)荷担滝という大目玉の滝があるそうですが、
時間が間に合わなくて体力もない為、今回は諦めることに

写真では360度写真をとれないですけど、とにかく恐ろしいくらい川の水がキレイで
キレイすぎて不気味なくらいでした
大きな滝だけ撮りましたが、他にもい~~っぱい滝があるんです。

「日本の滝100選」「森林浴の森100選」「遊歩100選」「名水100選」にも選ばれてるようで、
それもなるほど納得。これは選ばれると思う。

しかも最近まで雨が多かったせいか、余計に良い滝が見れたようです。
ひんやりして、マイナスイオンもた~っぷり


何か達成したい時はここを訪れて、全部の滝を制覇したいと思います
絶対にまた来たい、と思わせてくれる場所です
吸い込まれそうなこの感覚を皆さんも是非



絵本セミナーに行って来ました

さっさと気まずいラーメンの記事をTOP画面から見えなくする為に、新しい記事を
UPしたいと思います(笑)
「気まずい」が口癖のビビりな私が、批評なんてするもんじゃないですね

12、13と私は珍しくシフトが2連休になっていました。
12日は用事を入れていたのですが、その用事がなくなって、スッカラカンの2日間
になっている・・・はずでした。

最近『絵本セラピー』というものに興味を持って、mixiのコミュニティーに参加させて
いただいたんですあまりに興味深かったのでコメントも残して。

そこで出会った方がいたんですねなんと、さとみさんという方です(笑)
私と同じひらがなのさとみさんで、誕生日も3日違い
私が用事を入れていたのにその用事がなくなってしまった12日に絵本セミナーを
やるということで、まさに運命を感じましたね

以前ブログで出会ったことのあるさとみさんも、私の名前の由来になったアナウンサー
のさとみさんも、そしてこの絵本セラピストのさとみさんも、共通して言えることは
すごく行動的で向上心があって気持ちの優しい方
名前負けしちゃいけないですね


そういうことで参加させていただいたのですが、町屋の教室で参加者は4名、すごく
ほっこりした時間を過ごすことができました

元々焼き菓子屋さんだったということで、そのお店のお菓子とお茶を出していただいて
しかもすごいおいしかったし。。。

絵本は子供だけではなく、大人の心にも響くもので、色々気付かされることが多い
んですね。簡単なようなメッセージの中に、複雑に絡まっている大人の悩み事を解消
するヒントが隠れていたり。

深いけれど、すごく真っ直ぐでシンプルなメッセージが、疲れた心にすっと入って
きて、やっぱり絵本っていいな~なんて思っちゃいました


絵本セラピストっていう分野にすごく興味が沸いて、講座を受けたいとまで思った
けれど・・・やっぱり今はまだエステのレッスンも残っているし、まずはアロマや
マッサージの分野をしっかり勉強しなきゃっていう気持ちもまた強くなりました

絵本については、しばらくは趣味としてセミナーやイベントなどに参加する程度に
収めておこうかと思います
好きなものは好きなので、絵本は相変わらず集めちゃうでしょうがw

エステのレッスンが終わったら、ちょっと来年に向けてアロマインストラクターの試験
勉強でも始めてみようかと思っています。
難関だから、スクール通って二次試験免除とかになる人もいるけど、お金がない
から独学で。落ちてもしょうがないけど、しないよりはましかなって。

絵本セラピストのさとみさんに、いつか絵本とアロマのセラピーコラボができたら・・・
って提案されたんですが、今の私じゃ無理だと思ったので・・・。
これが頑張るきっかけ出会いときっかけ。この展開素晴らしいですね

私が京都に来たのにも何か意味があるのかもしれない、と思い始めた今日でした


今夜、京都のラーメン界を敵にまわす決意

こっちに来てずっと思っていたことがある。

言葉や考え方の違いに数々驚いて、少しでも地域に順応しようとしてきた私。
さすがに北海道と関西では離れすぎていて、同じ「日本人」と言えど、ほとんど外人。
釧路に帰るにはパスポートがいるとはよく言ったもんだ。。。

色んなカルチャーショックがある中、1つだけ、信じがたい程のショックがあった。
どう頑張っても順応できない。

ただ、外人でよそものである私が、京都の人に本音を話すと角が立ってしまうので
正直仲の良い人に、タイミングが合った時だけに話した。
やっぱりいい顔をされるわけがなく、極力控えているこの話を今夜解禁しようと思う。

悪口っぽいしイメージダウンしそうなこの話題を出そうかどうか悩んで2年経った。
同じ思いでお蔵入りさせている北から西に来た人間は沢山いると思う。


ラーメンがまずい・・・。

まずい、と言ったら語弊があると思う。口に合わない

最初こちらでは定番のチェーン店天下○品の割とおいしいと言われている店舗に
ラーメンを食べに行った。正直本州のラーメンはおいしくないと北海道では言われて
いるし、期待もしていなかった。こんなもんだろうという予想もあった。
でも、正直度肝を抜かれた。おいしくないなんてもんじゃない。
一口食べて旦那様と目を合わせた。食べれないラーメンに出会ったのは初めてだった。
頑張って食べたけれど、もちろん二度と行くことはない。

その店の味が悪いんだと最初は思った。だから色んなラーメン屋に入ってみた。
話題のお店、おいしいと言われているお店、ぐるなびのクチコミも参考にしながら。
でも、おいしいと素直に喜ぶどころか、普通のお店がない
涙を流したこともある。
一店舗だけ、スープはいけるというお店があった。
点点有ってお店のスープ。ダシがしっかり出ていて、あれだったら食べれる

そこで他のお店と何が違うのか、ようやく数点気がついたことがある
私の思うところの、北海道と京都のラーメンの違いを、ラーメンに対する意識も含めて
比較してみたいと思う。

・一番に言えることは、麺が違う。北海道は卵麺でちぢれ麺で甘いしっかりとした味。
こっちはストレートで白い麺。麺にあまり味がしない気がする。ラーメンを食べている
気がしない。白い麺=のびた麺、という印象を与える。

・北海道ではラーメンがもっと身近だった。ラーメン好きが多かったし、女性も割と
好きな人が多かったけど、こっちはそれ程ラーメンへこだわる人が少ない気がする。

・北海道ではどんなラーメン屋も『しょうゆ・みそ・塩』ラーメンがあって当たり前。
こっちでは、その店のスープのようなものがあって、一種類。選べるとすれば
こってりとさっぱり。基本、とんこつ醤油味が多い。好みもあるので、寂しい。

・にんにくを入れたら味が近づいた気がした。ということは、あまり入っていないって
ことかもしれない。

・味が薄い。こってりを頼んだら、どろっとしているだけで、北海道で言うところの
あっさり味くらい薄かった。こってりこってりって言うけど、こっちのラーメンで
本当のこってりに出会ったことがない。

・おそらく、北海道民と京都人の舌自体が違う。好む味も違う。



大きな違いと言えばこんなことろかもしれない。
私はお父さんがすごいラーメン好きで、北海道のいろーんなラーメン屋をめぐったから
かなり舌がこえてると自負しております。
でもそれはあくまで北海道の基準でおいしいかおいしくないかを判断しているので
あって、正直他の地域の人が北海道のラーメンを食べたら味が濃くてびっくりするの
かもしれない・・・。

だから、「まずい」に語弊があると言ったのはそういうこと。

北海道に帰ったら、どんな小さな店でも古い店でも、大概おいしいというか普通の味の
ラーメンが食べられる。だから正直こっちに来たらみんな名店になるんじゃないかと
思うくらいだけど、きっとそういうことでもないんだろうと思う・・・

でも北海道産とか北海道のものって人気だよね。
ただね、京都駅で食べた『すみれ』のラーメン。ごめんなさい、微妙だった。
というか癖がある。北海道は名店の方が癖あったりして好みが分かれるからね。
だからあれを北海道のラーメンだと思っている人がこっちにいるとすれば大きな勘違い
なわけで。ただ、麺はあれだよね、確実に。

『北海道って味噌ラーメンだよね』と言われるけど、それも間違い。
他の地域に北海道の味噌ラーメンが愛されてるだけで、多分一番人気は醤油じゃない??
しかもバターコーン味噌ラーメンなんて、観光客しか食べないでしょう。
私実際に食べたことないし
ちなみに私が一番好きなラーメンはダントツ塩ラーメン
こっちであんまり見ないな~

でも京都はおいしいラーメン屋が多いってよく聞く。
まだ私が知らないだけなのか、やっぱり味覚が違いすぎるだけなのか・・・。

でも、私と旦那がそう感じているだけで、皆さんがどう感じるかはわかりません。
京都だけじゃなくて、関東の方のラーメンもきついって聞くけど、どうなんだろ?
北海道だけ味違うのかな~?
是非、各地のラーメンの感想を聞いてみたいものです。


飲みのしめにラーメン、なんて北海道人くらいなのかな~・・・。
釧路の屋台の小熊ラーメンか、末広のなんだったかな~、あのラーメン食べたいな~。
小樽の「らーめん一番」ってところの塩ラーメンはおいしかったからお勧め


そんなわけで、京都の方すいませんでした。
でも、私でもいけるラーメンまだ発掘しますんで、おすすめ教えてくださいね

太るからあまり食べられないけど、やっぱり道民なんで、ラーメンらぶなのです





ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。