プロフィール

さとみ

Author:さとみ
2008年に結婚して北海道から京都に。マイペースなさとみです!セラピストのお仕事を退職し、パートをしながらのんびりゆったり。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
42254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
4098位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢」と「幸せ」

アロマのスクール、絶好調に通い続けてます
週一ですけど宿題もあるし、身につけなければいけない知識&技術などがあるので
毎回があっという間の一週間です

時間がなかなかとれないので毎日芳香浴や沐浴(アロマバス)なんかで香りを楽しんだり
化粧水を作ったり、何かわからないことがあれば精油の本やスクールのテキストを開いて
確認したり・・・いつも身近にアロマ

スクールに通う以前からだけど、愛読してる精油の本はこれ

fdafdafas

写真も絵もない。
でも一個の精油についてこれだけ細かく書かれてる本は見たことがない
香りの特色、植物としての特徴、科学的な組成、注意事項、心・体・肌にどのような働きが
あるか、どのようなブレンドが良いか、しまいに歴史と神話まで載っている
神話って(笑)

でも、歴史を読んでると、どれだけ昔から世界中で植物が人間にとって必要とされてきたのか
っていうのがよくわかって面白いんですね

生活の木でアロマランプ買って毎日枕もとで活躍中
火よりもランプの方が安全だし、うとうとして消し忘れても安心安心

fdadfas

そんなこんなで、スクールではようやく実技に突入しました
次で実技三回目です。

トリートメントを実際に教わっているのですが、真剣にやってみると次の日は絶対足が
筋肉痛にっていうか授業が終わったら足の筋肉がプルプル痙攣(笑)
まさかこれだけ足にくるとは・・・。

でも家に帰っても施術用のベッドがないので、床で旦那様に練習するのですが、そうすると
今度は腰に負担がかかる
でもどうしても練習したいし、ベッドを買ってもいいというお許しが旦那さまから出たので、
良いものではないですが、練習用に安いベッドを買いたいと思います

っていうか、スクールにも行かせてもらって、毎日練習台になってくれて(主に気持ちよさそうに
寝てるだけだけど)、ベッドのお許しも出て、興味もないのに沢山話も聞いてくれて、可能な限り協力
&応援してくれてる旦那さまにホント感謝です。。。

金融などの勉強を一生懸命している彼は、私のおかげだと言ってくれています。
将来のことを考えてわくわくする向上心みたいなものをお互いに刺激し合えて、
とても良い関係だなって思います

何をするにもお金はかかるし、現実はそんなに甘くない。
でも夢を見たり語ったりするのはタダでできますからね

子供産んで、育てて、家族を作ることももちろん夢
将来一軒家に住みたいな~なんていうのも夢
プロのセラピストになるのも夢
ダイエットして細くなりたい、というのも夢
お金もちになりたいのも夢
自分で野菜育ててみたいとかいう夢もある
おじいちゃんおばあちゃんまで夫婦仲良く長生きしたいのも夢

変わりたいという気持ちだけじゃなくて「現状維持」っていう夢や希望があっても
いいと思うし、次の瞬間から将来まで何か自分にとって糧となるものがあれば
「生きてる」ってことが楽しくなるのかなって思います

「今」がつまらなくて将来に希望が持てないって時もありましたが、それは全てを
大きな枠で考えすぎていたから。余裕がなかったから。

私も過去に、もう駄目かと思うほどの辛い思いをしたことがありました。
自分が不幸のど真ん中にいるような気がして、周りの全ての人が特別にキラキラして
見えました。二度と自分はそっち側の人間になれない気もしてました。

本当に希望が持てない時は、まとわりつくしがらみを切り捨てなくちゃいけない時って
絶対にあると思います。それがどんなに自分にとって難しかったりつらいことでも、
将来のことを考えたらその時に決断しなくちゃいけないんです。

まっさらな心になって、一から考え方を改めることにしました
お米を食べることも幸せ。屋根があって布団で寝られるということも幸せ。
天気がいい日は太陽が見れて幸せ。家族がいて幸せ。
五体満足でこれ以上の幸せはないんじゃないかって
それがなくたって他にいいっぱい幸せは転がってる。

そして、それ以上もっと「幸せ」になりたいと思うことが「夢」なんじゃないかと思います
そして「夢」を持ったり語ったりすることが最高に「幸せ」なんだと思います

つまり今私は幸せだってことです


って、なんで途中までアロマの報告だったのが語りに入ったんだろう。
カテゴリ間違ったかな・・・。
最初題名が「実技に入りました」だったけど重い内容になった為に変えたし(笑)

明日、アロマサロンのトリートメントの予約したんで癒されてきます
それこそ「夢」のような時間を過ごしてきます



スポンサーサイト

嵐山で梅の花&スイーツめぐり

前回の日曜日は恒例の『お団地掃除』でした(笑)
絶対にサボることのできない『お団地』行事は仕事の休みをとってでも参加します・・・。
掃除は大抵日曜日なので、旦那さまも一緒。
お昼くらいまで掃除をして、終わった後はたまの一緒の休みを過ごすことができます。

最近疲れとストレスとでイライラもやもや・・・心がよどんでいました
そうそう、少し前にもそういって大阪の水族館行ってきたんですけど、それも今度UPします。
UPする順番ぐちゃぐちゃだなぁ(笑)

軍手をはめて草むしり・・・。天気もよく、ぽかぽか・・・
こういうときはエネルギーをもらいに嵐山へ行きたいと急遽旦那さまに提案
却下されても一人で行くつもりでしたが、一緒に来てくれるというので、早速GO

そして本当に・・・めちゃめちゃあたたかい
昼間なんて19℃で暑いくらい
遠くまで視界が広~くて空気がキレイできもちいい~~~

fada fadfafa


まずは掃除でおなかがすいたのでよーじやカフェ
今回はデザートで次はお料理も食べたいな
左が私の。この顔が見たくて右が旦那さまの。
さっぱりしてておいしかったです

fdafas fafasdfadfa

ついでにお買い物も。ぬか袋は使ってみてよかったのでリピ買い
『しおり』は一目ぼれして買っちゃいました

ddas


今回は天龍寺。それぞれどこに入るにもお金がかかるので、今回は法堂の天井の龍を見て
庭園を見ることにしました。紅葉も桜もない季節ですが・・・広くて癒されましたよ
庭園は世界文化遺産なんだそーです。

dfa dffaas fdsfasd

桜はまだだけど・・・梅

dfssa fdadasfa fdsafa

桜もキレイなんだろうけど梅の花はすごく品があって好き

dsafsaf

『心洗』と書いていたので手にちょろちょろっとかけてみました。キレイな水でひんやり
本当に胸のあたりにあったもやもやがすーっと流れていくような気持ちになりました。。。

fdsadff

デジカメの充電がなくなったので旦那さまの携帯で・・・画像ちっちゃ・・・。
高いとこから撮ったのと、苔。苔にも本当に色々な種類があるようですね。
名前の書かれた木の板が沢山ありました見てみても違いわからず。
今度松尾大社の近くの苔寺というところにも行ってみたいと思います。
苔って汚いイメージがありましたが、案外神秘的なんですよね・・・
苔がうっそうと茂るだけあってモイスチャー地帯なので、そーゆーところには
この季節、長居したいものです

fsadfasd fdasfasf

まったりお寺を出て、来る途中気になっていたお番茶ソフトを手に川沿いへ
以前嵐山で食べたほうじ茶ソフトそっくりでした
さっぱりすっきりお茶の味であまったるい後味が残らない最高のソフトです
私も旦那さまもほうじ茶ソフト&番茶ソフト共に、大好きです

dass

あと、帰り道にどうしても気になってしょうがなかったロールケーキ屋さんで抹茶ロール購入
どれだけ甘いものばかり食べる一日なんだろう・・・。でもこれも本当に甘さ控えめ
お茶の濃厚な味と甘さ超控えめの生クリーム本来の味が、いくらでもいけちゃう感じ

dasfasa vcvzxvcz

食べるだけ食べて、自然も満喫して、とっても良い一日でした
お金も飛んでった~・・・。

これからも嵐山はどんどんマスターしていきたいと思います
次回は大覚寺かな

毎日の忙しさに追われて疲れて、自分を見失ったら一度ゆ~~~っくり深呼吸。。。
スー・・・ハー・・・スー・・・ハー・・・その繰り返しだけで少し楽になりますよ






逆チョコってどぉ??

バレンタインが近づいてきましたね
今年は『逆チョコ』を流行らそうという風潮がありますね

アメリカではホワイトデーというものが存在しないようです。
さまざまな贈り物を恋人に贈る日であって、女性から男性へ、と決まっているわけじゃ
ないんですね

自由でいいんじゃないかと私は思いますけどね
日本ではバレンタインに女子からチョコを送って、そのお返しのホワイトデーがあるわけですが、
チョコももらってないのにホワイトデーでプレゼントするっていう習慣があまりないし、
女子としてみれば、告白されるかもっていうドキドキ感を味わいたい人もいるんじゃないでしょうか

なんにしろ女の子は欲が強いってことですね(笑)

バイトの男の子くんもとまどってました
逆チョコは嬉しいものなのかどうか?何をあげたらよいのか?費用は?
女の子はチョコだけだったりしますが、男の子はそうはいかないようですね

私は小学生の頃から基本手作りです
型でくりぬいたりデコレーションするとこから始まって、ブラウニー、トリュフ、ガトーショコラ、ムース
・・・毎年色んなものを作ってきましたが、作ってる過程が楽しかったりするんです
一生懸命ラッピングして、手紙かカード入れて、自己満足に酔いしれる
そしてくどいとか言われても気にしない。重いと思われても仕方ない(笑)
今年は時間がないから作れるかどうかはわかりません無理っぽいな~・・・。

でも結婚してもそういう気持ちや心がけって忘れちゃだめですね。
いつまでも恋する女の子の心を持っていなきゃきっと老けるの早いんだろうな。
いつか産む子供が女の子だったら、一緒に作ったりしようっと


さて、最近忙しい日々が続いていますが、時間を見つけては好きなことをやっています
何度か作っている『りんごケーキ』がお気に入りなので紹介したいと思います

このケーキは小さい頃お母さんが良く焼いてくれた『りんごケーキ』が食べたくてずっと
レシピを探してたんですけど、ようやく近いのを見つけて、たまに焼いてます

 素朴☆りんごケーキのレシピ 

① 小麦粉150g、ベーキングパウダー小さじ1を一緒にしてふるっておく
② りんご大1個は皮をむいてりんごは皮をむいて5㎜のくし形に切る
③ 室温でやわらかくしたバター80gをクリーム状によく混ぜる。
  砂糖100gを入れて混ぜ、溶き卵大2個を少しずつ加え混ぜる。
④ ①を2回に分けて木べらで合わせる。
⑤ 型にクッキングシート(私はアルミホイルを使う)をひいて流し入れ、
   くし形リンゴをまんべんなく放射状にうめて間にザラメ(大事)をちらす。
⑥ オーブンで180度で30分、170度に下げて30分焼く

dfada


冷蔵庫で一週間保存できるらしいですよ
生地がしっかりしていて、昔懐かしいケーキという感じ
しっかり焼いているので表面がクッキー生地になっていて、それとザラメのコラボが最高
りんごは甘いのよりすっぱいものの方が焼いた時においしくなります。
酸味が足りなかったらレモン果汁をかけて代用しても割といけます


久々のお菓子ネタでした
最近太りましたが、甘いものは疲れてる時には欠かせませんね



ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。