プロフィール

さとみ

Author:さとみ
2008年に結婚して北海道から京都に。マイペースなさとみです!セラピストのお仕事を退職し、パートをしながらのんびりゆったり。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
65923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
5877位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式 その4

もう少しで式から1ヶ月経ってしまいます。日々の生活でいっぱいいっぱいの私は、すっかり結婚式モードからは離れてしまってますビデオも見て、面白かったけど、やっぱり自分の姿を見るのって恥ずかしいというか、嫌ですね~自分のうつってないところは楽しく見れました

もうあまり覚えていませんが、ここまできたので結婚式シリーズを完結させたいと思います

最後の入場からですね最後の入場は一番嫌でしたね。。。花嫁の手紙読みたくないと、そればかり考えてしまいました。「よし、これで最後だ」と気合を入れて入場。色ドレスは黄色ですインターネットで買ったヘッドドレスもお気に入りでしたちょっとレースとか入って年齢考えろよって感じでしたけど。打掛の時の髪飾りも全部自分で用意したんですよねあれは気に入ったものを使ったほうが良い気がします。

まずはキャンドルサービス。だんな様、酔っ払ってなかなかテーブルのロウソクに火がつかず手元がプルプル・・・一個一個のテーブルに火をつけていきます。ずっと私達の横について指示してくれるホテルのおじさん(おにいさん??)がいて、すごく声がでかい(笑)顔もでかい(失礼)「一礼!!新郎新婦一礼です」「新郎が先に歩きます!!新郎先です!!」わかってるよ~(笑)と思いながら式の最中そのおじさん(おにいさん)が気になって仕方ない私達でした。後から写真を見ても、私達2ショットというか、3ショット(笑)

手紙朗読は結構緊張。。。でもどんな顔して読んでいいかわからず、とりあえずゼクシィにも書いてた通り、自分で普通だと思っているよりもゆっくりと、感情をこめて読むように心がけました。曲はお母さんの好きな韓国の曲で。『猟奇的な彼女』のI Believeって曲。チャ・テヒョン(主演)をPCのトップ画像にしてる韓国マニアの母の為のチョイスです。最初この曲がかかって、私の手紙がはじまった途端曲の音量がおもいっきり下がりました・・・。
泣いてくれた友達・・・お母さんの涙につられたって言ってたけど、ごめんね。お母さん、曲に感動して泣いてたんだよ・・・(涙)「あの曲が泣けてね~」って・・・。それだけじゃないと祈りたいけど、音量下がったことに若干キレてたよ・・・。そして韓国マニアの親戚のおばも共感してたよ・・・。そして、お父さんは「あの時みんなが俺が泣くんじゃないかと思って期待の目で見るんだよ。だから、ぜっっったい泣かね~と思った」とか言ってるし。私は全然泣けないから友達に冷めたとか言われるし(笑)うちの家族に感動系は合わないのね

声と顔の大きいおじさん(お兄さん)に言われた通りの進行で、手紙が終わったところで花束贈呈にうつろうとしたその時・・・片付けようとしたマイクを手にとっただんな様。・・・ん??なんだ??計画にないぞ・・・??そこでのいきなりの新郎スピーチ今正確に言葉覚えてないけど、「世界一の花嫁をもらって僕は幸せです」みたいなこととか「お父さん、お母さん、さとみさんを世界一幸せにしたいところだけど、それはできません僕が世界一の幸せ者だからです」的なことを熱く語りだしましたとりあえず焦る私。どうした酔っっちゃったのかできあがっちゃったのか司会の人も当たり前のように進めるからサプライズだということすら会場に伝わらず(笑)こういう進行だと思われた恥ずかしい~~でも普段冷めててそんなことを言うタイプではないので頑張りましたその気持ちは嬉しかったですね

後から聞いた話ですが、彼なりにあのサプライズは「いや、せっかく遠くからも集まってきてくれてるし、普通の進行だけじゃつまらないから何かサプライズ的なことがあった方がいいかと思って・・・」と考えていたようで、当日に軽い気持ちで担当者に話したら、そういう流れで話し出すのは過去に例がなかったらしく違うバージョンを進められたらしいのです。はっきりやるとも決めていなかったので迷っていたら、司会の人にも話が渡っていて、会うごとに「やるんですか~?やった方がいいですよ~」「どうしますか?ぎりぎりまで考えていいですよ」と言われていたみたいなのですが、結局マイクをとるまで悩んで誰にも言わず、本その場で強行したそうですビデオには、私が手紙を読んでいる後ろでそわそわ緊張しているだんな様が(笑)2次会ではお友達に「大根(役者)だな~」「あそこは世界で一番って言うところだろ」と突っ込まれてました(笑)

花束贈呈を終えて、最後のしめも全て新郎。司会の次に喋ってましたね(笑)「何も知らない人だったら、すごいおしゃべりの新郎だと思われた」なんて気にしてました普段は結構人見知りでおとなしいんですけどね頑張りました。。。そして私はあまり頑張りませんでした

私が一番感動したのは退場の時かな。すごい良い友達や職場の仲間や親戚に祝福されて、幸せすぎる式だったのでジーンとしたんです

会場の外で皆さんをプチギフトを渡してお見送りして、最後にだんな様のお友達に「ちょっと借りていいですか。怪我しない程度にするんで」って言われて、気がついたら胴上げされてましたあの巨体をよく胴上げしたものです
いっぱい写真も撮って、みんなと少し喋って、相当時間オーバーで衣装さんとヘアメイクさん待たせちゃいました(笑)でもあの最後の時間が一番みんなと近くて楽しかったかも

二次会はそれぞれの場所へ少しずつ顔を出して、ホテルについたらそのまま倒れこむように寝ました二次会も楽しかったな~体力的なことも考えてお酒は飲みませんでした


結婚式はこんな感じです忘れてしまっていることの方が多い気がします。
来てくださった方、ならびに祝福の言葉をいただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです
まだまだ未熟なので大変なこと、悩むことも沢山あるとは思いますが、ご指導よろしくお願いします

スポンサーサイト

結婚式 その3

いったいいつ終わるのか・・・。結婚式その3です
こんなに細かく読みたくないよって思うかもしれませんが、自分のメモとしてこうした形で残しておきたいと思います今日ビデオが届きました見たいような見たくないような・・・。旦那さまの帰りを待つとします。

ファーストバイトが終わったら、次は余興の時間です
爪がないことに気がつきそわそわしながらも、式は淡々と進んでいきます。

ゲームは、シュークリームのロシアンルーレット。私がくじを引いて、各テーブルから当たった人が前に出てきてシュークリームを食べるゲーム。その中に激辛の当たりシュークリームがあるのです・・・と、そこでいきなり式からのサプライズ。私達2人がなんとシュークリームのロシアンルーレットをやらされました
担当のT保さんは企画を提案した時に「ロシアンルーレットですかもちろんできます私達が試作に試作を重ねた、最高傑作があるんですよ~・・・ふふ」と意味ありげに言っていたので、どんな代物が出てくるのかドキドキしながら二人で一緒に一口。
・・・あれ?普通のシュークリーム・・・隣りを見ても旦那様も普通に食べてます。でもこれじゃあゲームが成り立たないので焦って口の周りを汚しながらも必死で食べ続けました・・・。すると出てきたのが・・・わさび。わさびです。
私の日記を古くから読んでくれている方、そして私をよく知っている方はご存知でしょうが・・・私は辛いものは平気な方で、特にわさびなんて大好物です 辛いものが好き
でも、ここで平気な顔をしたらゲームが成り立たないなんで私なの彼の方だったら辛いものニガテだから反応楽しめたのにと思いながら、女優魂で思い切り辛い演技をしました(笑)そしてマイクを向けられて一言「わさびですね」顔でうそをついても口で「からいです~」なんてうそはつけません。普通にわさびクリームをあじわってました(笑)
そして選ばれた皆さんでロシアンルーレット。なんと当たったのは職場の元同僚だったのですが、心配性の彼女は食べる前からちゃっかり開いて確認をしていたらしく、反応も薄い・・・声も低い、テンションも低い(笑)はずかしがりやさんに当たってしまいました

そして次は職場の元店長によるお嫁サンバ前に出たがらない同僚達がなぜかその店長について舞台の上へ。えっ踊るのと見せかけてただ後ろで整列して店長が歌う後ろで手拍子してるだけ(笑)しまいにこそこそ話してるよ(笑)でもいつも出たがらないみんなが、前に出てきてくれただけで感謝ですありがとう
ちゃんと見たかったけれど、やっぱりひな壇に挨拶に来てくださる皆さんにも挨拶しなくちゃいけなくて忙しい時間でしたでも皆さん本当にいい人ばかりですいっぱい写真も撮りました

そしてブーケプルズ。人数が多くてステージがいっぱいになって大変なことに
当たりには花束が。そしてはずれにはインターネットで購入した手作りアクリルたわしをつけましたそして皆さんがひもを選ぶ段階になって気がつきました。一番前を陣取って眉間にしわ寄せて、まだ選んでくださいとも言ってないのに前かがみで紐を吟味している・・・私の妹旦那様側の妹さんは後ろの方で遠慮してるのに、私の妹は何故にそこまでずうずうしいのか(笑)そして選んだ後「ぜ~ったいコレだ、絶対これだってちょっと長いもん。ま~ちがいないって~」とか言いながらふんぞり返ってる妹・・・。人が多すぎて紐がいきわたらなくて顔しか見えてないH子ちゃん。なんだかすごいことになってました(笑)そしていっせいにひっぱりましたすると、全部が見事に絡まりましたしまいにアクリルたわしが紐からぽろぽろとれるし、もうどうでもよくなった女子達は「いいって、まず当たりからひっぱってさ、それだけ抜こう、これだこれ」「ほれ、そっちひっぱって、ほらそれだわ」「まずこれ抜きな」独身女性たちのはずが、すっかりまるでおばちゃん集団・・・。
そんなこんなで当たったのが、中学時代からのお友達その子と一緒に中座しましたこれから色々頑張ってほしい子だったので、当たってくれてよかったです

ここでの中座を終えた時点で、もう2時間近く経ってましたびっくり披露宴って2時間くらいだと思ってたら、違うんですね~そのホテルだと、2回お色直しする式だと2時間半はかかるそうです。しかも人前式だから余計なのかな?

はい、ここで爪騒動です。中座してみて爪を見たところ、なんと半分くらいが抜け落ちてます
これはまずい。こんな爪でいままで出てたのかと思うとあまりのみすぼらしさにぞっとします。。。
私はもう諦めました。「もういいですこれだけないし、どうせつけてもまたとれるので全部とります」そうは言いましたが、ホテル側は一応サービス業であるゆえ、ほっとくわけにはいかなかったようです。なんと担当の方やヘアメイク(ヘアメイクが完了してから)の方、その他式に関わってるスタッフの方総勢で爪を捜してくれてるじゃありませんか・・・
「これ、いったいいくらしたんですか」「1万円です」「1万円
これを言ってしまったが為に、一枚千円という頭に切り替わってしまった美容師さん。
色んなところから爪が集まってきます。「式場の床に」「これで7千円」「ひな壇のところに」「そこの廊下に落ちてました」「あと1枚、これで9千円ですよ」次のドレスで全部はがして爪まで隠れるグローブにしたので全く問題はなかったのですが、一生懸命床にはりついて探してくれたホテルのスタッフの方達に感謝です結局一枚足りませんでしたが、良い思い出です

中座してからのカラオケが何組かいたのでトラブルもあってか(カラオケ機が壊れたらしい)なかなか新郎が中座してきません。そのままの状態でしばらく待っていました皆さんの歌声が聞こえてきたんですけど、お願いした人みんな歌が上手でびっくりでしたそしてここでも私の妹登場(笑)新郎の妹さんも登場私の妹はかなり押してようやく出ました。前の日カラオケで家族みんなで押したんです嫌々出た割には、音量が小さいとか言って調節してもらったそうで・・・。式の最中寝そうだったというおじいちゃんも、そこで目が覚めたようです(笑)彼の妹さんは自分から立候補してくれました堂々としていて、かっこよかった~あ、式終わってすぐにデジカメの動画で見たんですけどね。高校時代の友達、マイミク☆BLACK☆の大黒摩季はさすが是非に、と一番最初にお願いしたんですけど、なんと名前を呼ばれた時にトイレに行っていたらしいです(笑)うまいだけじゃなくてオチもつくる、さすが☆BLACK☆(笑)旦那様のお友達が歌ってくれた名曲コブクロの「永遠にともに」も感動的でレベルの高さに圧巻です何より出ていただいた皆様の気持ちに感謝です

新郎も中座してきて、ついに最後の入場です。手紙読みたくない~~~
なんといってもそういう感動的なのが似合わない家族なので、手紙を嫌がられてたんですけど、友達みんなに「泣くからね」「手紙読むんでしょどうしよう泣いちゃったら」という数々のプレッシャーと、親戚も見ているという体裁もあって、読むことに決めました。でも書いたのは前日の夜中。内容は薄いです。

最後の入場。長いのでその4に続きます・・・。ホント長い次で終わりかな
斜め読みでよいです私のメモ書きだと思ってください


結婚式 その2

結婚式の続きです。その1がぐだぐだでしたが、その2もぐだぐだになりそうです(笑)

爪。この結婚式は舞台裏で爪騒動が起きていて、皆さんにご迷惑をおかけしてたんです
入場前にも何度か(トイレとかで)爪を落としました・・・。何度も拾いながら、本番

入場前はなぜかあまり緊張はしておらず、彼の方が異常な程に緊張。普段はあまり緊張することのない落ち着いた彼ですが、その時ばかりはやたらと口数が多くなり、挙動不審にそれも、スピーチの多いことからでしょう。まず最初に待っているのがウェルカムスピーチ。これは紙を見ないで読んだほうがかっこ良いという私の意見もあってか、なるべくはそうしたかったようなのですが、緊張して文章が抜けると悩んでいました担当の方に「新婦様だと、失敗したら困るからと言って紙をみるようにすすめる方が多いんですよね~」というフォローも流して、「読まないでね」と一言。気がついたらそこをカメラで撮られていたので、鬼嫁っぷりが映ってないか心配です・・・。

扉が開いて入場やばい、その時点で笑いがこみ上げてきました・・・。
照明があたっているのでみんなの顔は見えなかったのですが、元職場の席に近づいた時だけは正面だったので顔がもろ見えで、唇がふるえました(笑)普段ふざけてばかりで真面目な顔をしない私なので、しっとりと入場している自分を考えただけで笑えました。でもせっかく来てくれている皆さんの前で笑ってしまうわけにはいかないので、微笑み程度に抑えて入場が終わります。

そして人前式誓いの言葉も全て読ませ、最後の名前のところだけすまして「さとみ」と言って終了(笑)証明書のサインになって、ペンを持たされて・・・あれ??このサイン旧性?それとも結婚後の名前?小さな声でどっち?とか言いながらもとちあえず新しい方の名前でサイン。
誓いのキスでいささか会場がざわつき、笑いがおこりましたが、無反応よりよかったですヤジ大歓迎です家族にはきもちわるいとかなりの不評でしたが・・・。キスする場所(ほっぺた)も入場直前に決めました。なんでも勢い重視です
一番楽しみにしてた鏡開き実はあれの中身は水なんですよね(笑)お酒ってことにして実は水。後から用意していたお酒を鏡開きの時のお酒として出しました京都のお酒です二人で割った瞬間、職場の元上司にバッシャリと水がかかっていたそうです(笑)それくらい近すぎる席だったので。反応が面白い元店長だったので、ビデオが楽しみです(笑)

そしてついにウェルカムスピーチ新郎はちゃんと暗記して前を向いて喋りました
よし、合格でもそれでほっとしたのか、乾杯がちょっとかっこ悪かったですけど・・・。

そこで祝電披露。みぃ☆とkana☆ありがとうね
そしてサプライズで妹と中座。聞いていないと怒られるかどきどきしましたが、さすがにおめでたい席だったので妹の雷が落ちることはありませんでした笑顔で中座。

ほっと一安心。さて着替えてヘアメイクのやり直し・・・とそこで気がつきます。
爪が2つない一つは見つかったのですが、どうしてもあと一つが見つからないパーッと着替えてメイクして、動揺しているところに新郎がやってきました。完璧に酔っぱらった新郎が・・・。お酒に弱いんですよね笑いましたが、爪がないので心から笑えない私。そこで新郎さん、画びょうを見つけて「爪これじゃない?あったよ~」もうすでに完璧できあがっていますヘアメイクの方もホテルの方も「どこで落されたか覚えてますか?」とそわそわ「もういいです、すいません。このまま出ます」そう言って一箇所爪がない場所を隠しながら次の入場を決めたのです白ドレスでの入場。新郎は酔っぱらって、友達から借りたと思われる100均の蝶ネクタイを持って「これで入場してい~い?最後の入場の時でいいから」とどうしようもない状況(笑)もちろん却下ですが。

そして酔っぱらった新郎と爪のない新婦の入場。入場時は腕を組んでいるのでその指だけ見えないように工夫をして、座っている時は手をひざの上に。
そして友人代表挨拶が始まります。彼側の友人代表は数日前に飲みに行った時はじめて会いましたが、とっても優しくてあたたかい人で、スピーチも心あたたまるエピソード式の最中も微笑んで見守っていてくれましたいい人だ~一生懸命スピーチしてくれて、その誠実さが伝わってきました、ありがとうございましたそして私側の友人スピーチは高校の弓道部時代の友人二人。マイミク土佐ちゃんと、あきちゃん。最初は普通のスピーチで終わるのかと思いきや・・・昔の私の手紙から恥ずかしい一文は紹介されるし、なにやら嫌な予感途中から私の取り扱い説明書に・・・これが面白くてただ、変なこと言われないかドキドキしましたが・・・一応場所を考えてくれたようで、楽しめました相当長いスピーチでしたが、なんとあれが一部抜粋だったようで(笑)いつかこちらに全文紹介できるよう交渉してみます

次は子供の花束贈呈二人とも私側の元同僚の子供で、産まれる前から知っていました特に女の子の方はよく遊んでいたので・・・それなのに、二人ともお母さんにつれられて目の前まで来たはいいけど、緊張のあまりぼーぜんと立ち尽くしていました・・・(笑)女の子は何日も前から「よっし~(私です)にお花渡すんだもんね~」って何度も言っていたのにでもそこがかわいいかわいい花束贈呈想定内ですよ

ケーキ入刀はいっぱいカメラを持った人が前まで来てくれたので芸能人気分
ただ、打ち合わせをしていなかったので新郎さんとは全く目線が合っておらず、写真はそれぞれ別の方向のものばかり・・・。そういえばこの失敗談ゼクシィに書いてたよファーストバイトはもちろんやりましたここしか食べれるところがないので、みなさんの「あ~ん」の一声に大口あけてもぐもぐ・・・自己満足

そんな式の最中に気づいちゃったんですね・・・爪が複数枚ないことに・・・(笑)


あ~・・・長いそろそろ夕飯の買い物に行くので続きはその3に・・・


結婚式 その1

皆さんお久しぶりです
私は今無事結婚式を終えて、京都で新妻です
まだ自分のパソコンつないでないので旦那様(なんて呼べばいい?)のパソコンから

結婚式は皆様のおかげで本当に本人達が楽しめたので感謝の気持ちでいっぱいです
本当に良い同僚、友人、親戚、家族に恵まれて、最高に幸せな2時間半でした

結婚式、そしてこっちへの移動、そして京都の生活、書きたいことは山ほどありますが・・・。
今日はまず結婚式の舞台裏を書こうと思います

結婚式前日。今日は早く花嫁の手紙書いて(まだ書いてなかった)、お肌のお手入れでもしてさっさと寝なきゃなんて思っていたのですが、家族にごはん食べに行こうと言われて、最後だし・・・と思い、居酒屋へ行きました。さすがにお酒は避けて、さていっぱい喋って食べて、満足したし帰る空気かな、と思ったところ、カラオケに行く話が・・・まぁ最後だしと思い、カラオケ2時間。さすがに熱く歌うのは避け、家に帰ってさて寝ようと思ったところ・・・何故かお父さんの数々のダメ出しに盛り上がり、最後だしと思った私はそこは熱く語る(笑)気がついたらもうこんな時間・・・なんと花嫁の手紙を書いていなかった私はそこから書くことに・・・で、寝たのは2時すぎ

当日は親戚が昼くらいに家に来るということで用意を済ませ、くつろぐ。1万円かけて作った付け爪をどのタイミングでしようか悩んだ結果、出かける前に付けてみました。すると・・・ものの15分くらいで2枚程紛失結局すぐに見つかりましたが、今考えるとこれが悲劇の始まりだったんですね接着剤を更に強力にして、スタンバイ

会場には親戚顔合わせの3時間前までに行ってまずホテルにチェックイン彼はスピーチが多かった為に珍しく緊張していました(笑)ウェルカムスピーチ、乾杯、誓いの言葉、謝辞、乾杯、全部言わせました(笑)でもウェルカムスピーチくらいは紙見ないで言ったほうがいいよ。なんてプレッシャーをかけたものですから、直前までどうしよう、覚えられない・・・。と悩んで悩んでそわそわ担当の方にも「ここまでプレッシャーをかける花嫁さんをはじめてみました」と言われ、鬼嫁ぶりを発揮。普通は、かまれたりしたら大変だから安全圏で紙を見たほうがいいって言うのが花嫁なんだってでも私は入場ぎりぎりまで紙を見るなといい続けました。

まずヘアメイクが始まり、なんと着付けの人が、チェンジする前の髪型作ってくれた美容師さんで気まずい気まずい「おめでと~ございます~~」と目を見ずに一言吐いて去っていくおばさま美容師。怖い、怖すぎる。いや、でも一生のことだし後悔しちゃいけない、私は間違っていない髪型も良い感じで出来上がり、黒柳ヘアでの入場は免れました・・・。メイクも口うるさく注文をして、自分の納得のいくまでねばりましたヘアメイクはやっぱり重要ですね

着付けも終わり、控え室での待ち時間。それが長いこと長いことしかも打掛着てるから暑いでも窓は開かないし、空調も全然きかないしで、顔はてかって汗びっしょり・・・緊張よりも暑さの方が上で、ぐったりと1時間。ようやく親戚の顔合わせが始まります。その間もどんな顔をしていいのか、目線をどこに合わせて良いのかわからず、斜め45度くらい下を見ながらおしとやかにしていました緊張でさらに汗びっしょり顔合わせが終わったら親戚みんなで記念写真。

とりあえず後は式を迎えるだけなのでまた待ち時間。その間受付してくれる友達に挨拶をして、早く来てくれてた友達にも挨拶。打掛の上を脱いでたのでちょっと恥ずかしい格好でうろちょろ(笑)
また控え室に戻って後は式を迎えるだけです。友達は、まだ入場もしてないのに泣いたと言ってくれましたまだ泣くところじゃないよ、と思いながらもちょっと嬉しかったです

長いのでその2に続きます。。。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。