プロフィール

さとみ

Author:さとみ
2008年に結婚して北海道から京都に。マイペースなさとみです!セラピストのお仕事を退職し、パートをしながらのんびりゆったり。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
20524位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
2278位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を張って山奥に滝を見に行く「桑の木滝in和歌山」

画像が大きくUPできるようになったので、去年のお出かけ日記を書きたいと思います。
私の中では去年ナンバーワンのスポットです

何月に行ったかはあまり覚えてないんですけど、確か9月くらいかな?

元々は和歌山で一番有名な「那智大滝」に行こうという目的でした。
一の滝における落差は133mに及ぶ単独の滝では落差国内一位の滝

片道6時間かけてまずはこの那智大滝

asfdfa fdafsafas

最初の画像ではわかりずらいですが、画面の上から下まで滝なんですね

すごいですよねでも旦那様には不評・・・。
片道6時間私一人で運転したというのに、車で爆睡していた旦那様は感謝の言葉もなく
起きて車の外を見て第一声が「え?これ??なんか普通だね」
なんだととプッツンしそうな気持ちを抑え、サラッと流した那智大滝。

まぁ観光客も多すぎて、なんだか冷めてしまうという気持ちもありました。。。
京都でいうところの清水寺みたいな。
赤目四十八滝に魅せられた私達は、もっと魅力ある滝にめぐり合いたかったの
です。そこにいるだけですーっと惹きこまれるような


で、ここに来る前にPCで調べていたもう一つの滝がありました。
その名も「桑の木滝」。地味でしょう(笑)聞いたこともない。
でもどうやら情報によると、滝マニアにはたまらない滝らしい・・・。

で、ナビで調べて行き着いたのがここ。
「目的地に到着しました」

ghjghjgjdfafs

なんだここ(笑)滝なんて見当たらないし、川遊び・・・??確かに水は綺麗

fdafdasfafa

もしかしてこの奥に??と思わせる橋もありました。

hghjkhkj

渡ってみようと思ったけど・・・怖い怖い怖いっ
ぐらっっぐらっと大きく揺れるし、奥は山奥・・・。なんの案内もない。

どうしたらよいのかわからずに途方に暮れていると麦わら帽子をかぶったおじいさんが
私達に近づいてきました。ドラクエ的な展開(笑)
『むぎわらぼうしのろうじんがあらわれた』

関西弁でしたが京都とも大阪とも違う独特なイントネーションのおじいさんは私達が
目指す場所がわかっていたのか「桑の木滝に行きたいのか?」と声をかけてきました。
おじいさんが詳しく場所を説明してくれたので、行ってみることにしました。

ちなみにあの橋の奥の山にはおばあさんが一人で住んでるらしいです

おじいさんの言うとおり行ってみると一軒の家の横に小さな橋。
車は入れないのでしょうがなく道の脇に車を停めて橋を渡って奥へ。
すると「桑の木滝」の文字。

dfdsafsafsa

すると森の入り口には墓地とつぶれた神社。その奥に暗い森。人っ子一人いる気配もない。
「やばいよやばいよ」と騒ぎながらも、ここまで来たら行くしかない

想像以上に厳しい道で、クモの巣だらけ。先頭の旦那様はクモの巣だらけ。
ということは・・・誰も通ってないってこと・・・

藻で転びそうになったり川に流されそうになったり時には手が土だらけになったりして
とにかく大変あまり道という道ではない為に、こっちかな?とか言いながら探り探りで進む。

sadad fdsffffff

サワガニちゃんにはテンションあがりましたこの写真お気に入り

が、恐怖と不安が襲ってきて終始無言・・・。猿に襲われたらどうしよう・・・。
なんか出たらどうしよう・・・。山崩れしてるとことかあるけど、崩れたらどうしよう・・・。
ハァハァいいながらとりつかれたように奥へ奥へ・・・。

汗だくで土だらけの私達の前についに姿を現した・・・滝

jhkhkjhkj

どうですかきれいでしょ~~
滝だけじゃないんです、この滝と苔いっぱいのごつごつした岩とのコラボ
感動して思わず叫んじゃいましたさすが滝マニアのおすすめすごい

危ないのを承知で滝の近くまで行ってみました
しかも道はなかったですが・・・。岩をよじのぼって自力で行ってみました。
水量がすごくて轟音恐い男性的な滝だな~~と見とれてしまう。

旦那様はさすがに近寄ってきませんでした・・・。
「もう帰ろう」とひたすら引きつった顔で・・・。

確かに。ここはちょっと危険すぎました。

帰りには子供みたいに汗びっちょりで髪の毛水かぶったくらいになってました(笑)
温泉でも入る用意してくればよかった~と後悔

さらに帰りに和歌山の海を見て、帰って来ました

そしてまた6時間かけて帰る。
もう30になるのにがんばるな~私達。。。しみじみ。。。

旦那様の実家でこの話をしたら「さとみさん、頼むからそんなに危ないことはやめて」と
心配されました(笑)ただ、お父さんはこの滝の写真が欲しい、と言ってくれました

滝を見るのはお金かかんないんで、おすすめの楽しみ方ですよ
ただ、桑の木滝に行く際はくれぐれもお気をつけて・・・


よし、書ききった・・・。


スポンサーサイト

実は、帰ってました。。。

実は今月の中頃からわけあって仕事がお休みだったのです
多分今後こんなことは二度とないので、せっかくだから実家に帰ってました。
ただ、あまり長くもいられないので、会いたい人達にも全く会えずで
お忍びで帰っていたわけです

久々に乗った飛行機。高所恐怖症なので命がけです(笑)
伊丹空港でお出迎えしてくれたこのお菓子、ひそかにウケて撮影

omosiroi.jpg

札幌に3時間程滞在の間、短大の頃の友達と再会

友人お勧めの足ツボマッサージ受けて、パスタ食べて・・・。
ルタオのカフェ?で、すごいデザート食べて、もうとにかくハードスケジュール
(確か1890円くらいした。旅行じゃなきゃ絶対食べない)

るたお

友人いわく『芸能人ばりのスケジュール』をこなし、久々の札幌を短時間で満喫

さ さっぽ


で、釧路に帰ったらこんなポスターを見つけてしまいました。
まぁ色々思うところはあると思いますが、あたたかく見守りましょう。。。
釧路もついに来るところまで来てしまったようですね・・・。

わっき

そんなポスターが貼ってあったジャスコの泉屋前
久々に大好きなピカタでも食べましょ食べかけ画像ですいません。

「てつあつ」って知ってますか泉屋でしか通じない用語なのですが・・・。
鉄板を熱くしてください、って意味なんです
そうすれば鉄の熱さと油で、スパゲティーの下の方がパリパリして・・・おいしい

ただ、「鉄熱で」って言うのが恥ずかしいから「熱くしてください」って言ったら
「え?たまごをですか?」というボケをかましてきた店員さんに「いえ、鉄板を」と
言ったら「あぁ、鉄熱ですね」と当たり前のように言われました(笑)

ピカタのたけのこ?のざくざくした感じとパリパリした麺と、濃いソースがたまらない

傾けて油を片側に落としながら食べるのを忘れて、こってりしたままのスパを完食
スパカツとかが人気だけど、きっとカツ乗ってたらきついだろうな~。。。

ピカタ ピカタ2

帰りのJR(北海道人でいうところの汽車)では、駅弁の大会で上位までいったという
いわしのほっかぶり寿司を食べてみる。ただ、サーモンも食べたいのでセットのやつ。。。
これがまたおいし~サーモンはもちろんのこと。
いわしの上にあるペーパー状の大根のシャキシャキ感とショウガの風味がたまらない

ほっかぶり ほっかぶり2

やっぱり私が旅をすると食べ物の話ばかりになってしまうけど・・・やっぱりおいしい
ものがないと、楽しくないんですよね~。。。

あ、あと北海道を車で旅する人は鹿に気をつけてもらいたいですね
ほんと、どこでも飛び出てきますんで(笑)
妹と阿寒行った帰りに「鹿怖い鹿怖い」と鹿に注意して運転していたのですが、対向車が
来たのでライトを遠目から普通のに戻してまた遠目に戻したまさにその瞬間

道のど真ん中にデカいオス鹿「あぁ~~~~~~~っ(妹&私)」
結構なスピードで鹿に突っ込みそうになって急ブレーキ

鹿の事故にはホントご注意
昔お父さんの車で窓開けて走ってたら横から追突されて鹿の角が車の中までガバッと
入ってきたこともあったので・・・。お父さんの頭、危機一髪

あと、もう1つの衝撃は、旦那さまの実家が50インチのテレビ買ってたことですね(笑)
大した見もしないのに、3D付きのやつ買って、これから届くといっていたけれど
テレビ嫌いのお母様が発狂するんじゃないかと怖いので届いたところは見ないで帰って
きました(笑)


そんなこんなで楽しい北海道。寒かったけど息抜きになりました
まだもう少しお休みがあるので、明日の夜から日帰りでディズニーシー行ってきます



読書しよう

京都は有名な本屋さんが色々ありますが、その中でもよく京都本に載っている本屋さん
「恵文社一乗寺店」に行ってきました

けいぶんしゃ


狭い路地の中にひっそりと構えるその有名店は、雑貨やギャラリーなどもあってとても
お洒落で独特な雰囲気。そして意外と広い。トイレもあった(笑)

恵文社は家から近い長岡京にも店舗があって、独特な雰囲気と本の置き方なんかが好きで
よく通ってます。でもやっぱり本店は全然違う
椅子なんかも置いてあって、本を読んでる人が・・・。立ち読みならぬ、堂々と座り読み
そして本屋というより雑貨屋さん。
マニアックな本も沢山あって、見ているだけでどんどん時間が過ぎてしまう
そこにいるお客さんまでみんなマニアックに見えてくる始末。私もかっ

最近むさぼるように本を読んでいるのと絵本を集めている私は興奮しっぱなし
結局この日は絵本1冊、文庫本2冊購入

なにより数台だけど駐車場があるのが魅力ですね。
京都市内はごちゃごちゃしていて、駐車場のないところばかりだから遊びにいきにくい。
電車とかバス苦手だし・・・。
また定期的に一人で遊びに行こうと思います

最近服とかにお金をあまりかけなくなって、そのかわり本ばっかり買ってる。
興味を持つことの方向性が変わってきた気がする。
たまにはお洒落しないとどんどんおばちゃんになってくな~。。。

でも小説は読まなくなった。体とか健康の本(仕事にも役に立つし)とか自己啓発本
とか、そういうのが多いな~久々に小説でも読もうかな。
もっともっと幅を広げて色んな本読んで、色んなことを知りたいな

最近休みがあった時は実は結構遠出して遊びに行ってたんです。
でも日記に書いてないな~
色んなものを見て、体験して、自分の知らない世界がいっぱいで、今しかできない経験
がいっぱいたまの休みに休まないから余計に疲れをためながらw

ただ、お金がかかるんです。何をするわけでもなくてもガソリン代はかかるんです。
だから家にいて色々なことを知るのは読書するかインターネットするかなんです。

だから読書っていいですよね、素晴らしいです
家にいて体力も使わずに、色々な知識が勝手に飛び込んでくる
苦手な電車の中でも本を読んでると時間があっという間。

今はこうやって本買ってるけど、お金がなくなったら図書館行こう。
図書館じゃなかった。大山崎の場合図書室だった(笑)
図書室かブックオフに行こう。

何かいい本あったら教えてください



三重県『赤目四十八滝』

今日は、以前に行ったばかりの『もくもくファーム』に旦那様と行ってきました
やっぱりあそこはやばいくらいの施設で、さすが3連休の真ん中だけあってすごい人
子供連れがい~~~っぱい家族が増えたら泊りがけで行きたいな~

1時間待ちでバイキングを食べて、プラプラして、あまりの暑さにダウン・・・。
ありえない量の汗をかいて、頭痛と眩暈が襲ってきたので、そそくさと車へ戻る


三重には『赤目四十八滝』というところがあるらしい、という情報があったので、
ちょっと行ってみようか、とさらにそこから1時間車を走らせました。

思っていたよりも広かったその山のコースは、とても夕方までに回りきれないので、
結局行ける範囲までにしておきました。沢山の滝があるんですね~

300円の入場料を払い、足を踏み入れた途端・・・何これってくらいのパワーを
感じ・・・たような気がします表現できないけど、もわっ・・・っていう湿気
と緑とその匂いっていうか・・・。やっぱり表現できないけど、なんか期待以上
単なる山と滝、と思って期待していませんでしたが、迫力のある自然って感じ

まずは不動滝。。。

滝1

そして千手滝。。。

滝2

水のきれいなこと

滝3

布曳滝。。。

滝3

その先に(入り口から70分程歩くと)荷担滝という大目玉の滝があるそうですが、
時間が間に合わなくて体力もない為、今回は諦めることに

写真では360度写真をとれないですけど、とにかく恐ろしいくらい川の水がキレイで
キレイすぎて不気味なくらいでした
大きな滝だけ撮りましたが、他にもい~~っぱい滝があるんです。

「日本の滝100選」「森林浴の森100選」「遊歩100選」「名水100選」にも選ばれてるようで、
それもなるほど納得。これは選ばれると思う。

しかも最近まで雨が多かったせいか、余計に良い滝が見れたようです。
ひんやりして、マイナスイオンもた~っぷり


何か達成したい時はここを訪れて、全部の滝を制覇したいと思います
絶対にまた来たい、と思わせてくれる場所です
吸い込まれそうなこの感覚を皆さんも是非



『伊賀の里モクモク手作りファーム』はすごい。その2

さて、その1の続きです

⑤露天風呂

汗もかいたところでお風呂にも入りましたよ~
源泉のお湯もあったし、大自然の中石の階段をのぼって入る露天風呂、最高
露天風呂3種類あったけどどれも良かったですよ~。
マイナスイオンをさんさんと浴びて、ぬるめのお湯にゆったりのんびりつかる。
昼間の露天風呂も開放的でと~っても気持ちがいい
ちなみに岩盤浴もあったし足湯もあり。。。


⑥トマトのパフェと緑のジュース

もうトマトのパフェなんてなかなか食べられないので選んでみましたが、おいしい
後味がトマトでさっぱりだからくどくない。
玄米フレークの玄米ももちろんここで採れたものなんでしょうね~。
そして緑のジュースはりんごベースなのでまずい要素は一切なし。普通においしい
ミルクもトマトも玄米も緑のものも全て全てここのものって思ったら余計においしく
感じました
バイキングでも感じましたが、自然の恵みありがとう

asdfaadfa fdafdafda

⑦お土産

お店のお土産はいちごのシフォンケーキ
モクモクのショップには、野菜や果物の苗なんかもあってすごく楽しかった
もちろん苗だけじゃなくて野菜や果物、工房で作られた豆腐も置いてましたよ
椎茸、すごく高かったけどおいしいと評判だったんで買ってみました。
私が買ったのは今夜の晩御飯に活躍しそうな豆腐や塩ダレ、ビール
何を隠そうビール飲むのは私なんですけどね、旦那様飲めないし。。。
そうそうこのビール、ピンク色してるんですよ~

今日は豚肉と玉ねぎと椎茸を炒めて塩ダレで味付けしてみようかと思います。
豆腐はシンプルに冷奴で
あ、もちろん手作りのウインナーも一緒にね

dfadfa

⑦今日は体験できなかったけど

番外編です。今日はできなかった&なかったことでやりたかったこと。
体験教室は、パン作りもあるんです
ちなみにウインナーもパンも月によって味付けが変わります
あとは宿泊がしたいかわいいコテージは一泊2万円。
4人で泊まれば1人5千円、と考えると家族には嬉しい
せかせかせずに1泊したら芯から癒されそう。。。
バーベキューもできるようになっている。
バイキングだけじゃないっていうのがまたいい
外で食べるのも気持ちが良さそう~
ミニブタ芸、っていうのがあるみたいです(笑)時間が合わなかったから見れなくて
すごく残念
とんとん神社っていう小さな一角もあって、絵馬がかけれるようになっている。
どんなご利益があるかわからないけど、もっとじっくり見たかった~
季節によってはいちご摘みとかきのこ狩りとか、なんか色々あるみたい



とにかくモクモクファームはすごいです。
インターネットで見てみてくださいネット通販もしてましたよ
関西に来た際には車でしか行けないので、レンタカー借りてでも行ってほしいですね

ではでは久しぶりのお出かけレポートでした~


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。